HOMEメーカー商品塗料 >ASTEC

ASTEC

ASTECペイントの防水塗料

ASTEC おすすめ

astec1

小島さん

初めまして、現場監督の小島佑介と申します。

 

HPをご覧頂きありがとうございます。

 

さて、このページでは、「なぜ防水塗料が必要なのか」ということをご説明させて頂きたいと思います。

 

外壁の防水性というのは、外壁内への水の侵入を防ぎ、お家を長持ちさせるために最も重要な機能とも言えます。

 

まずは、防水効果が切れてしまうとどうなってしまうのか、ということに触れていきます。

お家がどうなっていたら、防水切れのサインなの?

防水が切れると

防水切れのサインです

壁を指で擦ったときに、指に白い粉のようなものが付着する

「チョーキング」現象は、外壁の防水効果が切れているかどう


かを判断する最もわかりやすい現象です。

防水効果が弱くなってきているため雨水を吸収してしまい、

塗膜の中の成分が分解し粉状になって出てきてしまいます。

また、防水効果が切れてきて外壁が雨水を吸収するように

なってくると、外壁材が浮いたり反ったりしてきます

そのように外壁に歪みがでてくると、ひび割れが起きてきて

しまいますので、外壁やシーリングのひび割れも防水切れの


サインと言えます

防水効果が切れると、どうなるの?

それでは外壁の防水効果が切れると、どうなるのでしょうか?

下記の図をご覧ください。

腐食が進行

上記の図は一般的な木造住宅の構造となっているのですが、

外壁にひび割れがあると、当然そこから雨水が侵入します。

雨水が内側に侵入していけば、躯体の木材は水を吸収して

いきます。

木が水を吸収し、なおかつ乾きにくい状態にあればどうなる

のでしょうか・・・

もうおわかりですね。

木はどんどん腐食していきます。

木材だけではなく、断熱材までもが水を吸収し、腐っていきます。

そうなってしまうと、雨漏りの原因になってしまったり

湿気の多い状態ではシロアリ被害にあってしまうのです。

まとめると・・・

ASTEC防水塗料 製品ラインナップ

製品ラインナップ

そもそもアステックペイントって??

アステックペイントとは

オーストラリア

アステックペイントは、世界で最も紫外線が強い

(日本の3~5倍)オーストラリアで生まれ、世界中で高い


評価を得ている次世代の環境・省エネに配慮した改修


コーティングペイントです

日本の22倍の国土、高温多湿、砂漠、豪雪、塩害・・・

世界でも類を見ない厳しい自然環境のオーストラリア、

さらに、近年ではオゾンホールの拡大から世界で一番

紫外線の多い地域と言われています。

そうした厳しい環境の中で、アステックは20年以上前

から使われ続け、現在では10ヶ国以上に出荷されて

います。

しかし

しかし、いくらアステックペイントが素晴らしい塗料だから

といえど、ただ傷んだ外壁の上から塗装しても塗料の


良さは最大限引き出せないということです。

いくらひび割れに強い塗料だとしても、何の処理もしない

で塗装をしてしまったら、また再発してしまい水を侵入

させてしまいます。

ひび割れ補修方

ひび割れ補修1

ひび割れ2

ひび割れ3

ひび割れ 補修4

ひび割れ 補修5

さらに

ここでもう一つ、アステック防水塗料の良い点をご説明

致します。

伸びる塗料

先程、「600%の伸縮率」という言葉を使いましたが、

これがどういうことなのかと申しますと・・・

そうです!伸びるんです!

そのままですね(笑)

けど、これ、すごいことなんです。

塗料が600%の伸縮率で伸びるということは、普通

に引っ張っても切れないということです。

つまり、写真のように塗膜の下の外壁にひび割れが

起きてしまったとしても、塗膜が切れないのです。

塗膜が切れなければ、ひび割れが起きてしまっても

水が浸入しないということです。

やはり外壁のひび割れは漏水の原因になってしま

いますし、見た目もよくありません。

アステックの防水塗料は、そういったお客様の

不安な点をケアしてくれる素晴らしい塗料です。

ASTECの防水塗料についてもっと知りたいと

いう方は、いつでもお気軽にご相談下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております♪