HOME > シーリング工事の流れ

シーリング工事の流れ

シーリング工事 見出し

このページでは、外壁塗装を施工するにあたり最も重要

 

な下地処理と言っても過言ではない「シーリング工事」に

 

ついてご説明したいと思います。

シーリング工事とは?

目地

シーリングとは、外壁の板と板の間や窓のまわり等に通

 

っているゴムのような目地のことを指します。

 

使用している材料や環境によっても異なりますが、だい

 

たい5年程経った頃から劣化が徐々に進んでいきます

 

で、定期的に打ち替えが必要になります。

 

この目地に入っているゴムのようなものを交換すること

 

をシーリング工事と言います。

 

それではまず、このシーリングというものが何のためにあ

 

るのかということをご説明致します。

 

 

 

まずお家というのは、地震や台風、そうでなくても道路や

 

強風の影響で、多少なりとも振動しているのです

 

お家の振動

シーリングはこういった振動を吸収してあげる役目を

 

持っています。

 

また、サイディングは性質上、反りや浮きがでてくるの

 

で、そういった壁の動きに追従できるように、目地には

 

ゴムの性質を使用するのです

 

シーリングにひび割れが起きてきたり量が少なくなって

 

くると、こういった家の振動を吸収できなくなり、外壁の

 

方にひび割れが起きやすくなってしまいます

 

また、ひび割れが起きてしまっているということは、やは

 

雨水もそこから侵入してしまいますので、雨漏り等の

 

原因にもなってしまうという訳なのです。

劣化

① 現状のコーキングの状況をしっかり調査

コーキングには、ウレタンコーキングや変性シリコンなどが存在し、外壁の状況によって、使う材料も変わってきます。

また、工事内容も大きく分けて①増し打ち(既存のコーキングの上に新しいコーキングで補修する方法)と、②打ち替え(既存のコーキングを撤去し、あたらしくコーキングを打ち直す方法)の、2パターン存在します。 塗装店やリフォーム店の中には、コストを抑えるために、増し打ちで施工するお店も多いのですが、コーキングは建物をお水の進入から守るためにとても大切な役割を果たしています。

ここは妥協せず、せっかく工事をするからには、いつまでも安心して頂き、いつまでも満足して欲しい。
そんな思いから 匠建では、しっかりと打ち替えで工事を行います。

その為、見積もり金額が少し他社に比べて高くなる場合もありますが、しかし完璧なお仕事でご期待にお応えします。

② コーキングの撤去

カッターなどで切り目を入れて、ペンチなどでしっかり剥がします。
目地コーキング全て、しっかりと取り除きます。

③ バックアップ材、ボンドブレーカー

バックアップ材や、ボンドブレーカーを張ってシーリングの3面接着を防ぎます。2面接着(目地底をくっつけず、両端の2面だけ接着させる)すると動きに追従でき、切れにくくなります。

④ マスキング養生

次にテープなどで、非コーキング部分のマスキング作業を行います。
コーキングがはみ出すことなく、一定の厚みで打ち替え、より綺麗に仕上げる為の大切な作業です。

⑤ プライマー塗装

密着をより良くする為の工程 刷毛で丁寧に塗っていきます。
いくら
コーキングを打ち替えてもこの工程をしっかり行わないと、後々めくれる原因に繋がります。

⑥ コーキングの打設作業

コーキングを目地部分に流し込みます。
ちょっと多くない?というぐらいが奥までしっかり入れ込むためにちょうどいいです。
奥に空洞ができると劣化が早くなります。

⑦ コーキングの均し工程

専用のコテで内部に隙間が出来ないよう、均等に押し込んで均していきます。

簡単に見えますが、この工程がコーキングの寿命を大きく左右します。匠建では、何百件もの現場で経験を積んだ職人が完璧に作業します。

⑧ 完了

コーキングが乾く前に素早くマスキング養生を捲ります。
マスキングを捲る際、壁などに触れないよう十分に注意して、棒などに巻きながら取っていきます。

その後、しっかりとコーキングが乾いたら完成です。

シーリングについて詳しく知りたい方は、↓↓↓をクリック!!