HOME > 耐震リフォーム

耐震リフォーム

耐震リフォーム ヘッダー

まずはじめに、熊本県を中心とした地震により、犠牲になら

 

れた方には衷心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災

 

された皆様方にお見舞い申し上げます。

 

 

今回の地震で、13万6千棟の住宅被害がでました。

 

匠建は、改めて住宅の耐震機能の重要さ、大切さと向き

 

あい、地域住民の方々に有益な情報、そして良好な工

 

をご提供していていけるよう精進してまいりたいと思い

 

す。

木造住宅への耐震改修補助金制度

市では愛知県と連携して、耐震診断を受けられた木造住宅で

 

「倒壊する可能性が高い」、「倒壊する可能性がある」と診断さ

 

れた木造住宅を、耐震改修する場合に補助金制度を設けて

 

おります。

対象建物

昭和56年5月31日以前に着工された在来軸組構法及び

 

伝統構法の木造住宅(戸建て、長屋、併用住宅、共同住

 

宅で貸家を含む)で市が行う無料耐震診断を実 施し、

 

「倒壊する可能性が高い」、「倒壊する可能性がある」と

 

判断された建物。

補助金 流れ

改修内容

耐震改修工事により、「一応倒壊しない」(総合判定値

 

1.0以上)と評価されるまでの改修を行う。

 

ただし、「倒壊する可能性がある」と判断された建物の

 

場合は総合判定値に0.3加算した数値以上とする耐

 

震改修を行う。

改修申込者

住宅の所有者又は所有者の同意を得られる居住者で、市税

 

を完納している者。

補助金の額

1戸あたり限度額90万円(耐震補強工事、改修設計及び附

 

帯工事費の合計が90万円未満の場合はその金額)。

 

 

 

耐震工事のお悩みは、匠建にお任せください!

一級建築士在中

匠建には、

 

・「一級建築士」

 

・「愛知県木造住宅耐震診断員」

 

など、お家の状態や耐震必要度合いをしっかり見極める

 

ことのできる有資格者が在籍しております。

 

筋交いを入れるだけの簡単に施工することのできる耐震

 

工事から、大型耐震改修まで、何でも対応させて頂けま

 

す。

 

面倒な補助金申請や書類作成のお手続きは、経験豊富

 

な匠建スタッフがお手伝い致しますので、是非、お気軽

 

にご相談ください。

着工から完工までの流れ

まずはお問合せ

ご自宅の耐震性能に少しでも不安をお持ちの方は、お気軽に

 

ご相談ください。

 

匠建の一級建築士・木造住宅耐震診断員が、お客様のお家

 

をしっかりと見させて頂きます。

 

※改修助成制度を利用するには建築士の資格を持った人に

 

補強計画、工事確認をしてもらう必要があります。

内容確認

工事にかかる費用を算出すると同時に、私どもで「配置図」、

 

「平面図」及び「補強計算書」を作成し、市役所耐震化支援

 

室と事前協議を致します。

交付申請

建築士が作成した申請書をご確認頂きます。

 

宜しければ書類の申請を行い、2週間から3週間程度で交付

 

決定通知が届きます。

 

※必ず工事契約・着工前に補助金交付決定が必要

契約

交付決定通知日以降にご契約を頂きましたら、いよいよ着工

 

でございます。

中間検査

工事途中で市役所職員が中間検査にお伺い致します。

完工

いよいよ工事完工です。

 

建築士が責任をもって、しっかりと最終検査を致します。

 

全ての工事・検査が終了しましたら、完了報告書と領収書の

 

写しを提出致します。

 

最終的に補助金額が確定しましたら、確定通知が届きます。

補助金交付

確定通知を郵送後、2週間程度で申請者の口座に直接補助金

 

が振り込まれます。

 

 

 

 

ご自宅の耐震性能に不安がある方、耐震工事にご興味のある

 

方、是非お気軽にご相談ください。

  1. 必須項目です
  2. 必須項目です
  3. 必須項目です
  4. Emailは必須です
  5. ご依頼内容