HOME外壁塗装まめ知識歴史 >サイディング

サイディング

住宅の洋風化のニーズに合致

 

1965年(昭和40年)ころから、外壁材として新たにサイディングが登場します。

 

それまで主流であったのは乾式工法の合板下見や鉄板でしたが、鉄板は海岸沿いでは錆が発生し、合板下見は

 

表面性がやや劣るという欠点がありました。

 

サイディングは施工性がよく、住宅の洋風化のニーズに合致するとともに、工期の大幅な短縮ができる建材として

 

需要が飛躍的に増大していきます。

 

住宅のみならず、レストラン、事務所、工場、倉庫といった外壁にも使われるようになりました。

 

日本窯業外装協会によると、外壁材市場の中でサイディングの占める割合は、2003年(平成15年)には75%強に

 

達しているとのことです。