HOME > 自社責任施工と下請け施工の違い

自社責任施工と下請け施工の違い

皆様が外壁塗装をご検討されるとき、色々な会社さんのHP

 

を見ることになると思います。

 

その中で、「自社施工」や「自社責任施工」という言葉を

 

目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

この『誰が実際に施工をするのか』というのは、

 

・自社で施工する

 

 

・下請け会社が施工する

 

 

この二つしかありません。

 

それでは、どのような違いがあるのかをご説明致します。

下請けが施工する場合

(下請けが施工する会社の例)

 

 ・ハウスメーカー ・大手リフォーム業者等

 

塗装工事を契約した会社が自社で施工をできない会社

 

なら、当然施工業者に委託しなければなりません。

 

当然、施工業者に費用を払わなければなりませんよね。

 

しかし、施工費に利益をのせなければ契約会社の儲けが

 

なくなってしまいます。

 

そうやって間に一つ業者を挟むことで、その分お客様に

 

出す金額が割高になります。

 

 

下請け会社が施工する場合、費用が高くなる

 

 

だけではありません。

 

 

 

 次の図をご覧ください。

 

契約会社はなるべく利益を出したいのです。

 

そのためには、次の2つのパターンがあります。

 

1、お客様との契約金額を高くする。

 

2、下請けの施工業者になるべく安く施工してもらう。

 

お客様が数社から見積りを取って比べるのが当たり前に

 

なっているこの時代に、1の場合だとなかなか契約が

 

もらえません。

 

ということは下請け業者に安くやってもらう2のやり方で、

 

契約会社は利益を得ようとしま

 

ですが施工業者も会社、利益を出したくて当然です

 

それでは原価ギリギリで工事を請けた施工業者はどのように

 

利益を出そうとするのでしょうか。

 

・工事の期間をなるべく短くする(手間をかけない)。

 

・材料をなるべく使わない(塗料を薄める、在庫を使う)

 

このように契約会社と施工業者は利益を出そうとするわけです。

下請け施工・POINT

自社で施工する場合

(自社で直接施工する会社の例)

 

 ・地域密着リフォーム会社 ・塗装会社(○○塗装)等

 

では、自社で塗装工事が施工できる会社はどうでしょうか。

 

図のように、お客様が契約をした会社が直接施工をするわけ

 

ですから、当然、 中間マージンは発生しません。

 

そして、自社で施工するわけですから、利益ほしさに職人が

 

勝手に手を抜いたり、材料を薄めてしまうような手抜き工事に

 

なる恐れもございません。

 

 

 

いかがですか?

ここまで読んで頂ければ、自社施工と下請け施工のどちらが良いのか、一目瞭然ですね。

もしお家に外壁塗装の営業マンが来てお悩みでしたら、

「会社には自社職人さんがいらっしゃいますか?」 と一言聞いてみるといいかもしれませんね。

お見積り、ご相談は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい♪

  1. 必須項目です
  2. 必須項目です
  3. 必須項目です
  4. Emailは必須です
  5. ご依頼内容